キャッシング 即日振込み

MENU

即日振り込みを歓迎してくれるキャッシング業者

三菱UFJフィナンシャル・グループ「アコム」の特徴

ネット申し込み〜審査終了までが「最短30分」という業界最速のアコムは、即日振り込みを希望する方に大人気。
ゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の口座を持っていれば、初回のみ平日19時まで、楽天銀行なら24時間いつでも振込に対応しています。

審査時間 最短30分
収入証明書の提出 限度額50万円以下は不要
実質年率 4.7%〜18.0%
無利息期間 初めての方は最大30日間利息ゼロ円
 

即日融資を確実に受けるために事前審査を活用する

審査落ちしてしまうとフリダシに戻る
審査に落ちてしまうと、また最初からどこかのキャッシング業者に申し込みをして審査を受けなければいけません。そうなれば、かなりの時間のロスになるので、振込に対応している時間を過ぎてしまうリスクがあります。

 

審査落ちは次の申し込みにも影響する
A社とB社に申し込んで審査落ちしたから、次はC社に…という連続申し込みは、業者からすると要注意人物となります。(※一般的に2社まではOKで、3社以上の申し込みは問題視されるケースが多いです。)

 

キャッシングに申し込むと、業者は信用情報機関のデータに「新規申し込み」の記録をつけます。ちなみに、この記録は最長で6ヶ月間は残ります。

 

そしてA社とB社がダメだったから、3つ目のC社に申し込むわけですが、このC社はあなたの審査に他社と同じ信用情報を照会します。するとそこで「同日で2件(A社とB社)の新規申し込み」の記録を見ることになります。業者からすると返済能力を疑う行為ですので、結果としてC社での審査にも落ちてしまう可能性が高くなります。

 

遠回りをしない為にも事前審査を利用するの即日融資への道
事前審査では「年齢・雇用形態・年収・他社でも借入れ」など、簡単な項目をいくつか入力するだけで、借入れ可能かどうかが診断できます。この事前審査をクリアできれば、本審査に通る可能性も高いので即日融資への道が開けます。

 

この事前審査に申し込んだだけでは、信用情報に「新規申し込み」を記録されないので、安心して本審査を受ける前のテストとして活用しましょう。

 
申し込みをする前の最終チェック
総量規制の範囲内か?

銀行系のカードローンは、年収の1/3以上の融資を規制する総量規制の対象外ですが、一般的に即日融資は難しいとされています。一方、大手の消費者金融系のキャッシングは、即日融資が通りやすいので人気ですが総量規制の対象内となります。

 

審査に通りやすい金額か?

キャッシング業者の多くは「50万円以上」となると、収入証明書の提出が必要になるなど、審査のハードルが1つ上がります。即日振り込みを希望するなら、身分証明書だけで借りられる金額に抑えた方がいいです。

 

この2つのポイントをクリアしていたら、後は申し込み時の入力ミスを気を付けるだけです。メールアドレスや電話番号など、急いでいる為に記入ミスをする人が非常に多いです。ミスがあると審査のスピードにも影響するので、入力は正しく行ってくださいね。